top of page
11.png
24_edited.jpg

佐藤 賢太 / 富士通株式会社


12月5日(火)15:00-15:20(20min)

 

光ディスアグリゲーテッドコンピュータ ~Super White Box~

 

IoTやロボットの普及と自動運転などの新しいサービスの出現によって、データセンターで処理されるデータ量が増大しています。 さらに、生成AIの台頭によりGPUなどのアクセラレータ活用が加速しており、データセンターの消費電力と運用コストの増大が課題となっています。 しかしながら、現行サーバではこれらの課題の解決が困難になりつつあります。 富士通は、この課題を解決するため、高い電力効率と迅速な構成変更を可能にする光を用いたコンピューティングプラットフォーム「Super White Box(SWB)」を提唱します。 今回はこのSWBについて詳しくご紹介致します。



佐藤 賢太 / Kenta Sato

富士通株式会社 先端技術開発本部

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page