92853606-3530-48BC-B387-E272CEF2BA95_1_2
​12.8(火)-12.10(木) オンライン開催

OKINAWA OPEN DAYS 2020

世の中を変えるオープンテクノロジーとアイデアの集結 
~ユンタクしながらジンブンを出そう~

(沖縄の言葉で「雑談/議論しながら知恵を出そう」の意味)

OkinawaOpenDays2020は終了しました

OkinawaOpenDays2020の開催については、COVID-19の状況を踏まえ、フルオンラインでの開催となりました。
初のオンライン開催ということで、試行錯誤の中、ご不便をお掛けしたかと思いますが、講演者の皆様・協賛者の皆様・関係者の皆様に多大なご支援を頂き、無事に閉幕する事ができました。 

 

聴講いただいた皆様に心より深謝申し上げます。来年のOkinawaOpenDays2021もよろしくお願いいたします。

​一部セッションについてはアーカイブ公開しています。

・OOD2020セッション動画 こちら (OOLYouTubeチャンネル)

・OOD2020オンライン展示 こちら

◆ メディア掲載情報 ◆

・「クリエイティブ × ビジネス」をテーマにしたウェブメディア『FINDERS』にて、OOD2020で注目されたセッションをまとめ記事にして掲載いただきました。

 Society5.0、スマートシティ、5G、シビックテック…ニューノーマル後のビジネスを変える最新トピックが一挙に学べる!「Okinawa Open Days2020」が開催

 
各テーマ毎にキーパーソンが登壇!

OkinawaOpenDaysは “世の中を変えるオープンテクノロジーとアイデアの集結” をキーコンセプトに毎年12月に実施しているイベントです。2020年度はサブコンセプト「ユンタクしながらジンブンを出そう(沖縄の言葉で「雑談/議論しながら知恵を出そう」の意味)を掲げ、

テーマ1 ニューノーマル時代のデジタル社会

テーマ2 持続可能で活力のある地域社会に向けて

テーマ3 デジタル社会を支えるテクノロジー

上記3つのテーマを元に、ICTに興味のある方々に数多くご参加頂き、より具体的に活発な議論ができるようプログラムを構成しています。皆様のご参加をお待ちしております!

他にも、OOD2020スポンサーオンラインブースも展示しております。ぜひ、ご覧ください!

Thema1:ニューノーマル時代のデジタル社会
with コロナというニューノーマル時代において、様々な産業の形態や、働き方などの生活のあり方がデジタル技術を使って、大きく変わりつつあります。このデジタル社会に向け、オープンテクノロジーを活用した取り組みおよび今後の展望を紹介し、議論を進めていきます

12/08

Speaker

杉山 恒司

株式会社ウフル CDTO(Chief Data Trading Officer)

NTT本社(分割前)情報システム関連部門及びグループ企業にて、約16年間システムエンジニア、システム営業、新規事業開発等を担当。その後、IT系ベンチャー企業を経営し、株式会社ウフル入社後、開発部門長、人事総務部門長、営業部門長、アライアンス部門長などを担当。IoT事業の立ち上げ、IoTイノベーションセンターの企画立案設立を行い、CDTO (Chief Data Trading Officer)に就任。社外活動として、大分県商工労働部戦略アドバイザー、一般社団法人データ流通推進協議会理事、経済産業省九州経済産業局 九州IoTコミュニティサポーター、一般社団法人官民データ活用共通プラットフォーム協議会技術顧問、一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会顧問、City&Tech 委員会 委員等に就任。全国各地での講演活動、大学等教育機関での講師、各業界専門誌への寄稿、著書に『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書』(共著、SBクリエイティブ/中国語版、韓国語版も発売中) 『現場の活用事例でわかる IoTシステム開発テクニック』(共著、日経BP社)『図解入門ビジネス 最新データ流通ビジネスがよ~くわかる本』(共著、秀和システム) がある。

久保田 夏彦

一般社団法人 渋谷未来デザイン プロジェクトデザイナー

大学卒業後、1993年オージス総研に入社。1996年よりナイキジャパンにて、Nike.jp / NIKEiD/MIYASHITA PARK立上げなどに携わり、2016年には株式会社アダストリアに入社(2017年3月より執行役員・マーケティング本部長)25ブランドのマーケティングとDXを統括した。2019年10月に独立。渋谷未来デザインを中心に、代理店ともコンサルティングとも違うプロジェクトデザイナーとして複数ブランドをみている。

12/08

Speaker

  • Instagram

12/08

Speaker

  • Facebook

大家 雅広

株式会社博報堂 ミライの事業室

1982年、石川県金沢市生まれ。 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。 博報堂入社以降企業のブランディング、新商品・サービス開発、ビジョン開発、イノベーション支援、都市開発・地方自治体支援 などの業務に従事。アートシンキングを切り口としたコンサルティングをオーストリアの世界的文化機関Ars Electronica Futurelabと共同開発。現在は、博報堂の新規事業開発部門ミライの事業室で、スマートシティ領域の事業開発をリード。生活者ドリブン・スマートシティをテーマに、渋谷をはじめとしたエリアで事業開発を推進している。 宣伝会議「ファシリテーション養成講座」講師、法政大学「コミ ュニケーション・デザイン論」。著書『Innovation Design』(日経BP)『マーケティング基礎読本』(日経BP)、Forbes JAPAN寄稿 など。

Thema2:持続可能で活力のある地域社会に向けて
SDGsなどの活動を通して、地域社会の活性化に向けた動きがある中、昨今のwithコロナや多数発生している激甚災害などを踏まえ、持続可能で活力のある地域社会がさらに重要な課題となっていきます。その際にデジタル技術を活用することで、何に貢献できるかという議論を進めていきます

12/09

Speaker

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Twitter Icon

福島 健一郎

アイパブリッシング株式会社 代表取締役

総務省地域情報化アドバイザー 内閣官房オープンデータ伝道師

2009年4月にアイパブリッシングをパートナーと創業し、社会課題をテクノロジーで解決することをミッションとして事業を展開。特に行政DXや医療、観光、まちづくり、企業のIT化などに強い。沖縄支社も設立。 また、地域の課題をITの力で解決するために、2013年5月に日本で初めてとなるシビックテックコミュニティCode for Kanazawaを9人で設立した。 開発した5374(ゴミナシ).jpは全国のコミュニティの手で120都市以上に広がり、その後も、シビックテックを国内に広げるための活動にも力を入れている。沖縄でもシビックテック活動を精力的におこない、CODE for OKINAWAのメンバーとしても活動しながら、新型コロナ対策緊急応援サイト「まいにちに。おきなわ」の開発や沖縄県内でのシビックテック・オープンデータ啓蒙活動をおこなっている。 最近では、SDGsにシビックテックを適用していくことを積極的に提言するほか、シビックテックの理念をビジネスへ活かし、スタートアップや社会起業を促進するための支援などにも注力中。

一般社団法人コード・フォー・カナザワ 代表理事

翁長 由佳

防災ICT協働体 理事長

沖縄県那覇市出身。1993年玉川学園大学文学部外国語学科卒業。卒業後、26年間一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)にて、MICE、沖縄コンベンションセンター、受入推進、国内プロモーション、企画・施設事業部などの部署に従事。沖縄県の国際会議事務局、日本政府観光局などに出向の経験あり。2013年に業務を通して出会った「観光危機管理」を専門に取り組むことを決め、2019年3月、OCVBを退職。同6月に県内初の観光危機管理に特化した「株式会社サンダーバード」を立ち上げ、観光関連事業者を対象に危機時に観光客の命を守り、事業を継続するためのコンサルティング業をスタート。「安全・安心」で選ばれる観光危機に強い沖縄観光の確立を目指し取り組んでいる。

【その他】防災ICT協働体 理事長、一般社団法人沖縄リゾートウェディング協会 アドバイザー(危機管理、プロモーション全般)、POLESTAR OKINAWA REAL MANAGEMENT 観光危機管理政策担当、沖縄県バイオリスク管理協会 会長

12/09

Speaker

Thema3:デジタル社会を支えるテクノロジー
デジタル社会を下支えする5G・Beyond5G、およびその周辺技術を、技術的な視点から今何ができるのか?をキャッチアップし、さらにはその先の動向を見据えて、今後の展望を議論していきます

12/10

Speaker

橘 拓至

2004年に奈良先端科学大学院大学で博士(工学)を取得後,情報通信研究機構 (NICT)専攻研究員,奈良先端科学技術大学院大学助教,福井大学准教授を経 て,2019年から福井大学教授として通信ネットワーク技術に関する数理的アプローチによる研究やアプリ開発などに取り組んでいる.学会活動では,電子情報通信学会通信ソサイエティ英文論文誌副編集委員長や,通信ソサイエティ副編集 長,電子情報通信学会ネットワークシステム研究会幹事などに従事し、2019年からはAI×通信ネットワークに関する「超知性ネットワーキングに関する分野横断型研究会」の幹事を担当.また,今年度初開催のITUが主催する全世界対象イベント「ITU AI/ML in 5G Challenge」で,日本開催分の「Global Round in Japan」にオーガナイザの1人として運営に携わっている.現在は,NICT委託研究(※参照)や総務省SCOPE社会展開指向型研究開発に関する研究にも取り組んでいる.

※ 富士通(株)は、2018年から上記NICT委託研究を、福井大学/橘教授とコラボレーションしながら推進。特に、アクセスネットワーク(新アーキ/ソフト化)、MEC技術を中心に、Beyond 5Gを意識した先行技術研究を担務として推進中。 本講演では、プロジェクトを牽引、またオープンソースも広く活用するリードエンジニアが、橘教授と共に登壇し、取り組みと課題を具体的に紹介する。

福井大学 学術研究院工学系部門 教授

南 政樹

慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアム 副代表

1973年生まれ。石川県出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業(1996年)、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了(1998年)、株式会社東芝、慶應義塾大学環境情報学部専任講師を経て、2019年より現職。1990年代、IPv6がIPngと呼ばれていた頃より、IETFなどの標準化活動に参加する。その一方で、IPv6の広大なアドレス空間により、コンピュータ以外のモノにもIPアドレスが付与されアクセス可能となる世界をビジョンに、地球全体をデジタルデータ化するため、PCを介さず直接データを送受信できるデバイス開発(マイコン向けプロトコルスタックおよびネットワーク設定の自動化に関する研究)に従事。人々の生活空間をデジタルデータ化するため、家電や健康機器、医療機器などをインターネットに接続するIoT(Internet of Things)研究を推進。2011年より、「空」をデジタルデータ化するために無人航空機(ドローン)を利用した研究に従事。現在は慶應義塾大学SFC研究所において「ドローン前提社会」というビジョンを掲げ、ドローン社会共創コンソーシアムを主宰し、ドローンおよびその利用環境の開発、人材育成、社会応用に関する研究活動を行っている。

12/10

Speaker

  • Facebook

  Keynote  

12/10

Speaker

  • Facebook

林 一平

Jason Yi-Bing Lin

台湾国立交通大学 副学長

National Chiao Tung University    Lifetime Chair Professor

1983年台湾国立成功大学にて学士号を取得、1990年米国ワシントン大学にて博士号を取得、1990~95年Bellcoreにおいて研究員として従事後、NCTUに着任。2010年終身主席教授、2011年副学長に就任。2014~16年台湾科学技術省副大臣、2016年からUniversity System of Taiwan副総長。
台湾経済省、教育省、運輸通信省等政府機関の諮問委員、IEEE Taipei Sectionのチェア、AAASフェロー、ACMフェロー、IEEEフェロー、IETフェローなど外部役職多数。「Wireless and Mobile Network Architecture」など著書多数。

 
​OOD2020 協賛企業一覧
Platinum
logo01.png
Gold
juniper_rgb_black_1800x600.png
​Silver
LF_logo_NEW_Pantone (2).jpg
c_name-vert.png
NCTU-web2.jpg
Bronze
LinuC+LPI_TATE.png
​後援・協力
ISCO.png
IIAロゴ.png
logo_color.png
CKP.png
ONIC.png
 

Okinawa Open Days 運営事務局

TEL:098-989-1940

E-mail:ood-admin[@]okinawaopenlabs.org 

  • Facebookの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

©2020 OkinawaOpenDays by Okinawa Open Laboratory.